スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食欲の秋
P1000625.jpg

たくりで捕った鮎で鮎寿司を作りました
下のは予定外にたくってしまった尺あまごです
明日が楽しみ
スポンサーサイト
秘密兵器
明日は今年最後のたくりに出かけます
今までは4本針を使っていたが、ベテランの人は5本又は6本を使ってるので
3つの掛け針をばらして6本針を2本作りました
明日は目標20匹ですNEC_0037.jpg

ぶどう狩りと小さいワイナリー
今日は家族で塩尻にぶどう狩りに出かけてきました

P1000617.jpg


毎年行っている「滝の宮園」です
ここは庶民的なところで、当然ぶどうもうまい!
このあたりではナイアガラが有名だけど自分はあえてデラウエアが一押しです
デラウエアって普通の種無しぶどうの代名詞の品種だけど、ここのはまったく別物のうまさ
粒もでかくてまん丸じゃなくて楕円形になるくらい今の季節は熟れています
自分は甘いデラを数粒食べて酸味のあるナイアを一粒と交互に食べるのが最高においしいです
デラはもう季節的には終わりでナイアとコンコードが主流となってきます
それと滝の宮園の斜め前に小さいワイナリーが昨年オープンしました
名前は「Kidoワイナリー」
品質も確かで、すでに完売しているものが多く人気があるようです
自家用にひとまず3本買って来ました
来年度はお客さんに飲んでいただこうと考えています
P1000623.jpg

秋晴れはどこ?
秋といえば天気も安定して、待ったりモードなんですが
今年はちょっと天気がよくないです
雨は少ないですが晴れない!
スカッと晴れてくれないかな
造形美
昔がいいとか古いものがいいとか感じる歳ではないですが
やっぱり一昔前の造形には何か感じるものがある
何だろう?
P1000600.jpg

P1000601.jpg

完熟トマト
今日のお客さんは20名すべてバイカー!
「完熟トマト」というクラブの皆様です
正会員資格はなんと60歳以上!
しかしバイクを見るととても60歳以上とは思えません
詳しくは明日のGESTのBIKEコーナーにてご覧ください
ようやく秋本番
昨日からいつもの開田の秋の空気になってきました
最低気温は10度近くまで下がってますので
長袖は必需品です
「しかし自分はまだ半袖です」
順調に気温が下がれば今年の紅葉は当たりかも?
きのこ犬
早速予告通りきのこの偵察に愛犬のサキと行ってきました
収穫は地元ではボウズと呼ばれるきのこをかごいっぱい採って来ました
思ったより出は少なめでこれからと言ったところでしょう
それよりサキの体力が落ちていることに驚きました
サキはもう18歳を超えて人間にすれば90歳半ばのおばあさん
耳は数年前からまったく聞こえない様子だけど、走りにはまったく
老化が見られないほどの健脚で崖でも簡単について来たのに
今日はまったく先行せず逆に自分がリードをつけてひっぱて行きました
もうそろそろ急な山には連れて行けなくなったのかな?
いつも山に行くときは一緒で、熊を追っかけた経験もあるサキも
歳には勝てないようです
P1000585.jpg

そろそろか?
秋と言えばやっぱりきのこでしょう
今年は梅雨に雨も降ったし気温も高かったので期待できそうです
釣りもそろそろシーズン終わりだから今日は止水域で
まあまあの岩魚をヒット!
明日はきのこの偵察にしようか釣りにしようか迷うところです
暑い秋?
台風が去った後は秋とは思えない暑い日が続いています
朝夕はさうがに15度くらいにはなるんですが
日中太陽が出ていると汗ばむ陽気です
消防団
今日は村内で火災が発生して消防団で出動でした
幸い火の回りが遅く大きな火災にはならなかったけど
ほんとに火災は怖いです
村に消防署がないので消防団で対応して、今回も
90人近くの団員が出動して作業をこなしていました
小さい村では、こういう仲間助け合って生きているですよ
DVD撮影無事?終了
今日も朝から暗くなるまで林道を走り回ってました
林道と言えど廃道に近いところもあり、かなりくたびれたけどバッチリ映像は撮れたようです
3本目の林道を出たところで愛車のハスクのプラグが死んでしまい、替えのプラグも忘れる失態でバイクを国道に置き去りにして帰ってきました
撮影メンバーは次の目的地に向かいました
明日は又愛車を迎えに飛騨に逆戻りです
久しぶりに充実したバイクだったなー
「DVDの発売は10月を予定しているそうですので是非購入してみてください
オフロードバイク雑誌のBAK OFFから発売されます」
DVD撮影中
今日から明日までBACK OFFの林道ガイドDVDの撮影でこの辺のエリアを走っています
今日は久しぶりに楽しく林道を走ることができたかなー
いつもは一人だからやっぱり仲間が一緒にいると楽しいです
メンバーはビデオ製作の島本さん御家族に北海道版でも出ていらした小林さん夫婦と大阪のSUPER MOTO LINK の喜谷さんです
明日もがんばって走らなければ!P1000579.jpg

インソールって重要です
インソールって簡単に言えば靴の中敷です
これを個人の足形に合わせて作るカスタムインソールはスポーツをしている人は使っている人が多いです
メーカーも数多く存在してメジャーなのは「シダス」でしょう
私もシダスをはじめスーパーフィート、パワー+などいろいろ使いましたが、今まで一番いいと感じたのはスーパーフィートでした
しかし今日ウルトラフットという新しいインソールメーカーで作ってみました
これは今までのとはまったく違って立体的にデーターを取ってそのデーターに沿って3DのMCで削りだす手の込んだもので、かなり期待できます
値段も手ごろで是非試してみていただきたい商品で、スポーツをされている方はもちろん、腰や膝が慢性的に痛い方も試す価値あります
欧米では医療機器として使用されているものだそうです
完成にはこの手のインソールとしては短い期間「2週間程度」ですので完成しましたら又じっくりと感想を書きます
詳しいことは以下のサイトでご覧ください
取扱店は一番上に書いている「バツグン」いいですよ
私の友人で彼も極度の腰痛に悩まされていたのが改善されています

http://www.ultrafoot.co.jp/
新車?
いきなり新車が3台我が家に来た
と言っても買ったんじゃなくてオフバイク雑誌の「BACK OFF」の編集長の瀬戸さんが取材のデモ車として持ち込んだものです
NEWセローにWR450F
セローは250になって以前とまったく変わっていた
トリッキーと共通している部分が多いです
WRは欲しい!まんまレーサーです!!
週末は林道ガイドDVD信州版の撮影にハスクで登場します
乞うご期待!



P1000575.jpg


P1000574.jpg

ほっと安心?
九州では大変な被害が出た台風なので、それなりの気構えはしていたけど
風が強かっただけで雨も強く降ったのは数時間で収まりました
風のためにとうもろこしや蕎麦が倒れていて今年の蕎麦の収量はどうかな?
とちょっと気にかかります
嵐の前の静けさ
長崎に上陸したとTVでは報じているが開田はまだ青空が出ている
でも雲が重そうで流れも速くなってきた
明日は荒れそうだ
荒れる前は魚の活性がよくなります
早く支度して行こ!
そばの花
台風が近づいてきて今日も雨です
開田のそばの花もそろそろ終わりの季節になりました
真っ白なそばの花を撮る為に大勢のカメラマンの方が来ていましたが
きれいなそばの花の色に反して匂いはちょっとXなんです
個人的に嫌いなのかもしれないけど、家族はみんなXですね
この雨が上がると匂いも消えて実がなり始めます
種まき
冬の漬物用の野沢菜と寒さに強いターサイ、水菜の種をまいた
春にもターサイと水菜をまいて収穫できたが気温が高くなってくると
味が落ちてくるのには驚いた
やはり味には旬の季節があるんですね
今回まいた3種類は霜が降りたら味がよくなる野菜ですから
おいしい野菜が採れるでしょう
画像処理
P1000573.jpg

開田村の一大イベントである「そば祭り」が10月の2日に開催されます
例年1万人もの方々が楽しむイベントで、それなりに知名度もUPして
村役場の職員も総出で毎年がんばっているんです
長野県ではそば祭りと称するイベントは、それこそ秋にはそこらじゅうでありどこも同じようなイベントです
そろそろ開田村のそば祭りも何か考えないとだめじゃない?と考えています
まあ私の考えで人それぞれなんですが、今年のポスターを見て「えっ!」
うちの横のそば畑からの御嶽の写真ですがそこからそばの花と御嶽を入れて撮ると
電柱、電線、ハウス、家が確実に入ってしまいます
しかしポスターには無い!
画像処理が当たり前の世の中ですが「これってあり?」
このポスターを見てこの景色を見に来たり写真を撮りに来た人にどうやって説明するんだ
こんなことしなくてもきれいな景色は開田にはいっぱいあるのになー


鮎ネタ3
鮎の塩焼きってどんなイメージでしょうか?
どちらかというとちょっと癖のある匂いとかイメージする方が多いでしょう
でもきれいな水の鮎は絶品です
はっきり申し上げて個人的には岩魚より上です
ただし開田の岩魚だと甲乙つけがたいです
やはりきれいな環境で育つ魚や野菜もおいしいということで一件落着です
「今回の私の収穫は17匹でした。昨年は5匹と惨敗でしたので、ちょっとは進歩したんでしょう。今月20日頃に又出かけます。」
鮎ネタ2
ついでに鮎のネタです
鮎といえば友釣りですよね
鮎には縄張り意識があってよその鮎が縄張りに入ってくると追っ払おうとします
この性質を利用したのが友釣りですね
しかし潜っていると岩陰や流れの中で集団で鮎が泳いでいるのがほとんどなんです
お前ら縄張りってあるの?
潜りながら鮎に質問していました
鮎ネタ1
昨日から五の池小屋のいっちゃんと飛騨にタグリに出かけてきました
タグリって何?
ごもっともです
タグリとは素もぐりで川に入りタグリ棒と呼ばれる道具で泳いでいる鮎を引っ掛けて取る漁法で、飛騨地方ではこの時期大人の趣味として行われているものです
泳いでいる鮎を引っ掛けるという行為は並みの神経ではできないようなことなんですが、一日に100匹単位で掛ける方も存在します
もはや神様の域です
いっちゃんは昨年からこのタグリの魅力に取り付かれ忙しい山の仕事の合間に下ってきて40匹程かけて、自分にとっては師匠のような存在になりつつあります
そのいっちゃんの師匠は小坂在住の加藤さんという方で激流の中体ひとつで川に入り神業のようにあっという間に次々と鮎を掛けてしまう人です
カヌーの川のグレードで言うと3級は軽くクリアです
「ちなみに私は昨年溺れて死にそうになりました」
何事も程ほどにということでしょう
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。