スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上は○
曇り空からちらっと顔を出した御嶽山を見て、、、、、ニンマリ
ほぼ谷は埋まった様子
年明け早々ハイクできるシーズンは珍しい
P1040181.jpg
スポンサーサイト
雨のち曇り後雪の予報
昨夜からまとまった雨になってしまいました
予報だとこの後大寒波襲来だそうです
でも天気図を見ていると普通の寒波のような気もするんですがどうなることでしょう
スキー場にとっては恵み雪となってほしいですね
問題は風とアクセスの状況です
国道や高速道路では渋滞が予想されるので時間に余裕を持ってお出かけください
又渋滞中にはお腹が減ったりしますので軽い食べ物を準備しておくと安心です
それと一番渋滞で困るのがトイレ!
これも余裕を持って対応しておきましょう

では皆さん気をつけてお越しください
犬は雪が大好き
我が家の大治郎は真っ白い雪原を走り回ります
まるで何かにとりつかれたようにもうダッシュで走り回ってます
時には目を離した隙に山に入る事もあります
時間になれば帰ってきますが、山の中でいきなりこんなのが出てきたら白熊?と間違えるかもね「ナイナイ!」
今日も気持ちよく走ってますよ
P1040158.jpg
雪降ってます
昨日から雪が降っています
最低気温も-12℃まで下がった日もあったんですが、まだ本格的な寒さではないようで
道路も陽が当たると解けています
スキー場は恵みの雪になったんじゃないかな
年末まであと一降り欲しいところです
マイアオープンしてます
マイアスキー場も2000Mのゲレンデがオープンして、いよいよウインタースポーツシーズンが本番となりました
天然の降雪は少ないものの人口雪である程度のコース幅は確保されています
画像は人口の雪をよけて天然雪の感触を味わいながらシールの練習中のSさんですP1040146.jpg
初仕込み
冬から春にかけての我が家の定番料理のハムの仕込みです
まずは肉を調達します
もちろん冷凍なんて使いません
もちろん輸入じゃないです
厳選された国産豚、それも飛騨ポーク
肉の旨みがそのまま出るハムですから旨い肉を使います
P1040135.jpg

これは成形前です
これから余分な油や筋やバラの部分をとっていきます
P1040136.jpg

全体の30%位はとってしまいます
P1040138.jpg

取り除いた油や筋の部分はもちろん食べますよ
特に圧力釜で煮込んだ脂身「バラとロースの境目です」は最高!
ほかにも肋骨がついていたところも最高に油がのっていてトン汁にすると絶品です

成形されて漬け込む前のハムと取り除いた部位と油です
P1040141.jpg


これを1週間漬け込んで74時間燻製にかけて外で吊るして熟成すれば完成です
もう20年以上作ってるんですけど、未だに完成したのをスライスする時まで出来具合がどうなってるか心配です
立山初すべり報告です
いろんな方々から
「立山どうだったー?」
「当てたらしいねー」といろいろメールやら頂いていますので羨ましい画像と共に
立山の報告を書いてみます

例年この時期「連休の混雑が終わってアルペンルートの営業が終わる直前」を狙って
立山に入っています
今年は12月にはニセコでテレパトとして働いている地元民のヨッシーと2名です
P1040091.jpg

シーズン最初からパウダーと言う事もあるんですが、今年は今まで出最高のコンディションでした
まずはテン場がすぐ近くに確保できた事です
Img_1337.jpg

雷鳥沢までは下らないもののターミナルから少し離れたところに設営するのですが、今年は
テントの設営跡があり雪のブロックで防風壁も完備されていて、天気も最高だし、すぐにでも
滑りに行きたい事からこのテン場を使う事にしました
P1040071.jpg

最初はいつもの浄土山にハイクして滑ります
ここは谷にいい雪が残っているエリアで上部は風で飛ばされていましたが比較的いい雪が
残っていました
Img_1327.jpg

次は少しトラバースして雄山の直下のシュートを狙います
その次は雷鳥沢方面に下って北向きのいい斜面を狙っていくと
おいしそうなノートラックがあるんです
Img_1398.jpg

Img_1418.jpg

そこで上り返して数本パウダーを頂いてテン場に急いで帰ります
帰る頃にはきれいな夕焼けが見えていました
P1040093.jpg


夜は風も少なく良く眠れました
「でもテントの中のペットボトルはカチカチです」
翌日は朝から曇りですが視界も良いので少し遅めの朝食を取って雷鳥沢に下り剣御前小屋へ向かう事にしました
この斜面は適度に傾斜があり距離も長く良いルートですが今回はガチガチのクラストがほとんどでコテンパンにやられてきました
やはり南向きの斜面は晴天の次の日は厳しい事が多いです
P1040103.jpg

本来ならば2泊ですが下山翌日にはニセコに出発しなければならないヨッシーの都合もあり二人で後ろ髪を引かれる思いで最終の富山側に向かうバスに乗り込み車で帰宅となりました
今シーズンは昨年みたいにパウダーが無いなって事のないようなシーズンになって欲しいです

冬の楽しみ
冬の楽しみはなんといってもスノースポーツ!
スキーにボードがメインですがそれだけじゃないです
近年脚光を浴びてるスノーシューイングも楽しみの一つです
木々が茂っている時期には遠くが見通せないですが、葉っぱが落ちたこの時期は
遠くまで見通せるので広い高原もいつもより広く感じます
それに道じゃないところでも雪さえあればどこでも歩けるのも魅力です
動物の足跡も多く出会う事もよくあることです
ちょっと散歩に雪原を歩いて景色のいいところで、あったかい飲み物でブレイクするのも
雪の季節の楽しみ方のひとつです
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。