スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山はまだ雪の中
先日長年の目標だった四の池から落ちる「幻の大滝」を滑ってきました
上りは営業が終ったマイアスキー場からハイクです
今年は雪が多くセンターハウスから営業できるほど雪が残ってます
P1070210.jpg

さらに上るとハイシーズン並みの雪量です
P1070213.jpg

スキー場から森林限界を超えるとこんな斜面です
へばる寸前の私が小さく見えます
P1070220.jpg

上ると継子岳2峰で南を見れば四の池の向こうに剣が峰が見えます
この日は最高の天気でした
P1070230.jpg

この後ついに幻の大滝を滑走します
夏の様子はこんなのです
taki.jpg

雪がなければ垂直に落ちる滝も雪が付いて50度ほどの斜面となってます
センターラインは雪崩れのデブリでガタガタです
P1070275.jpg

とりあえず今日の宿泊地の五の池の避難小屋に行くために滝を登り返します
これが最高に辛かった
P1070281.jpg

無事四の池に戻ったときにはくたばってました
P1070283.jpg

ここで同行の友人は翌日仕事の為継子岳に上り返しマイアに向かってシュートを滑って帰りました
残る五の池小屋番のいっちゃんと広い四の池を移動して三の池の稜線を歩いてます「点にしか見えません」
P1070286.jpg

小屋に着くと今まで何度もこの時期に上がってきましたが、こんな量の雪は初めてです
P1050281.jpg

翌日は幻の大滝を滑って帰るルート探索で下ったのがデンジャラでした
森林限界まで下ると高さ50Mほどの滝に遭遇
両岸崖のエスケープルートなし
そこでとりあえず滑ってきた沢をバックに記念撮影
ほとんど雪崩れのデブリで埋まってます
P1050306.jpg

この後もトラバースルートに大きな滝が出現して垂直の壁を巻いて滑り込んで林道に無事出た頃は陽が御嶽山に傾き始めた頃でした
ファーストディッセントを頂いた充実感と恐怖感から開放されて帰りの林道を二人で談笑しながら歩いて無事帰宅しました
このルートは確実にお勧めできませんね


スポンサーサイト
本日は晴天過ぎ
朝から最高の天気の中、御嶽山にハイクしてきました
暑さと雪の重さと深さで疲労度倍増でした
とりあえずお決まりの小屋の屋根で記念撮影をしてしっとりとまとわり付く雪の中を滑ってきました
次回はもう少しお手柔らかにお願いしたいもんです
8jpeg.jpg

山の春はまだ遠い
昨日の積雪でゲレンデには30CMほどの深雪となりました
雪質はドライパウダーとは言えませんが、この時期としては最高のディープスノーでした
画像を見れば4月とは思えないでしょ
マイアも今週で終わり残りGWまでは御岳ロープウェーとチャオの2箇所が営業予定です
もちろんハイクもこれから最高ですよ
2jpeg.jpg
本日は晴天なり
晴れの日は気持ちもいいねー
森林限界付近は雪もよく、さらにいい気持ちです
御岳のBCはこれからが本番です
Dsc00046.jpg
春の雪でも量が多けりゃ残ります
数日暖かい地方に出掛けているうちに冬に戻っていたようです
まあ出先でも雪仲間達からお誘いの電話が何軒もかかっていましたから現状は理解していたのですが、シーズン終了間近で膝パウダーとはタイミングが悪すぎました
久しぶりにバイクのレース会場にお手伝いに行ったのが日曜日ですっかり頭はバイクモードだったのに白い山を見ると又雪山モードに変換しています
御岳のハイクもこれからは天気次第で週3回になり、スノーシーズンでは何故かハイシーズンよりも忙しくなる時期となりました
この降雪はちょっと山では厄介です
雪崩にはかなり神経質にならなければいけない状態ですので、御岳BCエリアに入る人は無理をせず安全なエリアで楽しんでください
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。