スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スノーシーズン情報
この冬のスノーシーズンの情報が各スキー場から公表されてきました
ロープウェースキー場の営業休止がほんとに残念です
せっかく盛り上がってきた御岳のBCエリアも入るには熟練した技術者のみエリアとなりそうです
目新しい情報と言えばシーズン券の割引です
お隣チャオは最安値の12000円を打ち出し、マイアは昨シーズン廃止した遠距離割引を復活させました
少し遠いおんたけ2240は営業期間をGWまで延長
それぞれ新しい企画で盛り上げようとしています
シーズン券の早期割引もありますので是非ご検討ください
スポンサーサイト
シーズンラストの週末は?
昨日から断続的に雨が降って昨夜は雷も凄かったです
北から寒気が南下しているため気温が急激に下がっています
川の状態は今日はほぼアウト
明日の予報も雨時々曇りと出ています
とりあえず15時の西野地区の河川の画像をご覧ください

PICT0184.jpg
西又川
PICT0185.jpg
西又川、西野川合流
PICT0186.jpg
冷川

ところで今年は熊がそこらじゅうで出ています
マイリバーの冷川も例年よりも熊棚が多くあるような気がします
熊はこの時期栗やドングリを食べる為に木に登り、座りやすいように枝を束ねて椅子を作り、そこで食事をしています
画像は冷川沿いにある大きな栗の木で一昨日食べ残して逃げた直前のようです
濃く見えているのが熊棚で、下の画像が拡大した画像です
PICT0187.jpg
PICT0188.jpg

きのこシーズンもかなり気をつけないと危ないですよ
「でもはたしてこの夏の異常気象の影響できのこは出るのだろうか?」
まいりばー冷川
我が家から直線距離で200Mのところに流れてるのがMY RIVERの冷川
名前の通り水温が激低いです
夏でも水温は13度程度で30秒も手を入れていると真っ赤になります
水温が低いこともありコンディションはかなりシビアで、ほとんどの釣り人からは「釣れない川」と認識されています
ただ夏過ぎから禁漁までのこの時期コンディションが上がれば、シーズン最後で最高の釣りになることもあるのが冷川です
そんな訳で毎年この時期に最高の釣りを体験した方がよく訪れ、平日にもかかわらずお客さんが途切れずお越しいただいています
昨日は久しぶりにお客さんがいなかったので夕方早速冷川に入ってきました
バタバタしていたら4時を回ってしまったのであわてて用意していったら、案の定偏光グラスを忘れる失態
川に入ってから気づいてもすでに遅くそのまま釣りあがる事にしました
冷川下流域のハイブリッドが多いエリアでしたが何故か釣れるのは純血ヤマトばかり
それもGOODサイズばかりのサービスぶり
久しぶりに入ったので川もサービスしてくれたのでしょう
明日から天気が崩れて気温が一気に下がるようです
そろそろ終わりかな
禁漁まで残り2週間ほどです
まだまだ下界は暑いと報道されてますが高原は確実に秋に入ってます
朝夕は長袖が必要なほど気温が下がり始め、最低気温は15度まで下がってます
そろそろ川も今月いっぱいで禁漁となります
気温や気圧の変化でコンディションが日々変わっているようです
やはり狙い目は夕方4時以降
大きいのも出てますのでシーズン最後のチャンスを狙ってください
某雑誌社の映像と来年発売予定の本の撮影がありました
PICT0180.jpg
どのギャグを使おうか構想中のテンカラ大王
PICT0181.jpg
カメラ2台に囲まれても軽快にギャグを飛ばしてます

念願のテンカラ教本は来年2月頃発売予定です
レベルラインの理論や魚から見た毛ばりの事などテンカラ氏よりもFFマンに一読して欲しい内容となりそうです
あわせて動画も公開予定です
久しぶりの雨
久しぶりの雨です
前に降ったのはお盆過ぎ位だったでしょうか
芽が出た野沢菜やスンキにする蕪にとってもいいタイミングの雨です
超渇水だった河川にも恵みの雨です
それでもあんまりたくさん降ってもらうと困ります
まだ夏?
9月に入っても連日暑い日が続いています
昨日は開田高原のアメダスがつに30度を突破しました
この夏最高気温が、まさか9月とは思いませんでした
今日も28.6度とまさに真夏です
でもさすが秋の気配は近づいて最低気温は14.6度
朝夕は寒いくらいです

寒いと言えば我家の軽バンのスバルのサンバーが圧縮漏れを起こしてヘッドのOHとなりました
この時期大きな出費は財布が寒いです
整備してもらうのはスバルのお店でも抜群の技術力を持つ中津スバルhttp://www.takenet.or.jp/~subaru/です
これで新車の性能に戻るならいいじゃないの
ハイブリッド
ハイブリッドと言っても今流行の車のことではありません
木曽には固有種のヤマトイワナが生息しているのですが、放流されるのは養殖の容易なニッコウイワナです
それが源流部まで上がってきて交配されていわゆる交配種「ハイブリッド」が増えてきています
先日冷川で上がったイワナです
P1080224.jpg
P1080225.jpg
上段は朱色の斑点と白色の斑点が混ざり合ってます
下段は一見ヤマトイワナに見えますが冷川のヤマトは血が飛び散ったような鮮明な赤い斑点が特徴で、このような薄い朱色ではありません
どちらもメスで天然繁殖した物と思われます

魚には罪はないのですがキャッチしたイワナの半分以上がこのようなハイブリットです
冷川の固有種を守る為にはどのようにすればいいのか模索しています
C&Rをお願いしているのですが、冷川のような源流部のハイブリッドの魚はキープするのも、固有種を増やすひとつの手段として取り入れるべきなのかもしれません
ロープウェー冬季営業休止のお知らせ
界隈では唯一パウダーを楽しめる御岳ロープウェーの22年度冬季営業休止が発表されました
夏季営業は7月からだそうです


って言うことは

一番おいしい3月4月のバックカントリーに入るのは事実上無理ってことです
これはうちにとってはかなりのダメージです
うちの客層ではマイアよりもロープから山に入るお客さんのほうが多いんです
ガイドの仕事もこれじゃ無理です


結局マイアから登れって事?

でも会社ではゲレンデから一歩も出るなって禁止令が出てるから事実上無理
それにあのラインは誰でも登って滑れるラインじゃないし、それなりにリスクは高い
この状態でマイアに「登らせてくれ」ってお願いするのも厳しい現状です

王滝から登っても滑るラインはショボイし、濁河から入ったらアプローチは長いしツリーは濃いしいいとこないです


いい感じで御岳のBCエリアが活気付いてきたところだったので残念です

冬は蝦夷地にでも出稼ぎに行こうか!
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。