スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スノーシーズンのお問い合わせ
スノーシーズンの問い合わせが増えてきています
各スキー場のパック料金は来月初旬には確定できると思います
また今シーズンは御嶽山のBCガイドも受け付けします
メインエリアはゴンドラの動いているチャオからのアプローチとなります
ゲレンデでのテレマークやアルペンのグループレッスンも行なっていきます
アルペンはすでにSAJ指導員の資格は捨てましたので、級別テストやプライズテストに焦点を当てている人にはタメにならないかもしれない「どこでも、どんな条件でも滑れるマルチな技術」をやっていきます
きれいに整地されたバーンをレールが引かれた軌跡しか滑れないような技術とはちょっと違います
今シーズンは他にもテン泊御岳BCツアーも企画します
ほかではやらないような企画を考えていますのでみなさんご期待下さい
スポンサーサイト
そろそろ皆さん準備してますか?
今シーズンはお隣のチャオで平日助っ人パト「つまり休みの人がいて手薄な時の緊急作業員」をすることになったので、書類を持っていってきました
皆さん雨の中最後の草刈をしていて、そろそろ白くなるのも間近だなーって思って帰ってきました
御嶽山のBCエリアはロープが動かずアプローチが長いので、チャオ側から継子方面とマイア上部に入るエリアを開拓しようと思ってます
いいシュートあるんだよなー
KIF_7527_convert_20111025141450.jpg
上りはアイゼン絶対必要です
P1010242.jpg
途中から見たらこんな感じのいいシュートです
KIF_7706.jpg
下から見るとさらにいいでしょうー
P1010240.jpg
是非滑ってみたい方はAGのガイドの優君がアテンドしてくれます「たぶんね!」
すんばらしい景色
小屋〆作業はスタッフの皆さんと順調に進んだのですが、ゴミや屎尿を下ろすへりが都合で飛べず、サポートの設置や来年の資材の荷揚げも出来ず、なんとも中途半端なかたちで下ってきました
ヘリが飛べるようになり次第、小屋版と上がって作業をしてきます
できれば雪が来る前にやりたいです

上がった翌朝に今まで見たことのない三の池の風景です
P1020001 (2)
池に空を合成したような不思議な景色です

開田口から三の池までのルートは最高!

五ノ池小屋の小屋〆作業に行くので開田口から上がってきました
今回はしっかり現状を町に把握してもらうために、補修や整備が必要な箇所を撮影しながら登りました
R0011059.jpg
手鋸だと何本か切るとクタクタです
R0011060.jpg
撤去すれば、なんとなくいい気分!
途中の倒木もしっかりと撤去したりして、ゆっくりしたペースで登ると改めて開田口ルートの良さが分かってきました
登山と言えばピークハント的な考えの方が多いですけど、決して山頂に立つだけが登山の楽しみではないです
行程の中で色々感じながら疲れない程度にゆっくりと登るのもいいもんです
開田口ルートの良さは、何と言っても樹林帯の苔ですね
R0011066.jpg
画像では今ひとつわからないけど、ほんとに綺麗です

森林限界に出ると綺麗な青空が一面に広がってました
R0011115.jpg

繼子の向には西野の奥の小西の集落が見えています
R0011137.jpg

秋は気温も湿度も低いので上りルートに使っても快適です
アプローチが長いのでやっぱり小屋に泊まって、ゆっくり楽しんでください
雪崩で飛ばされるので道標を撤去して無事五ノ池小屋に到着して、小屋〆作業に合流します

開田高原の紅葉は、そろそろいい感じですよ
ちょっと前の寒い日に比べてずいぶんと暖かい日が続いています
昨日は長袖Tシャツ一枚でも十分なくらい暖かかったです
昨日は朝まで雨が降っていてコースコンディションが心配でしたが、子供たちを連れて隣の谷のコースに行ってきました
ここはオートパーク クワというところで飯島町の小林さんが維持管理しているコースですモトクラブコバヤシ
モトクロスコースにダートトラックのオーバルコースにミニモトコースもあります
R0011051.jpg
前日の雨でところどころ水たまりがあるのですが、他に走る人はゼロの貸切状態
いつもはフルサイズのモトクロッサーが飛びまくってるので、昨日はは思いっきり走らせてもらいました
結局その日はうちの子供2台にCRF250とYZ250Fとオーバルコースには毎週通っているXR100の5台きりでした
走り終わったらバイクも体も泥だらけです
R0011048.jpg

嫁さんはロードで今話題の大鹿歌舞伎の大鹿村に走りに行きました
ちょうど秋の特別講演だったようです
R0011050.jpg

さすが南信地方は暖かいです
蚊がまだ飛んでいるくらいですからね

開田高原の紅葉は台風の影響か今ひとつなんですが、それでもいいところはいい感じなんです
R0011054.jpg

かえってブルーベリーの赤が鮮やかに見えます
R0011055.jpg

明日から五ノ池小屋まで開田口から上がってきます
天気もよさそうなので小屋閉め作業頑張ってきます
雨です
早朝は台風かと思うような暴風雨でした
紅葉がちょい心配

来週火曜日から木曜日まで開田口ルート整備と補修箇所の確認のため上がって、五の池小屋の小屋〆を手伝ってきます
そんな訳でまたまた休業です

今年の紅葉はどう?
雨が降るたびに一段と寒さが増してきます
今日も夕方から降り出して週末まで降る予報が出ています
山の紅葉は台風が連続してきたあとに急激に気温が下がったために、少し残念な色で終わったようです
同じように高原も先日の霜が強烈だったためか色付いきが今一つです
川沿いや谷筋は比較的綺麗に色づいているようです
すでに気温はマイナスを記録しています
お越しになる際は防寒対策をしっかりとお願い致します
R0011017.jpg
連休から怒涛の日々が続きました その2
東京行きではほとんど0泊3日に近い行程だったので本当にクタクタでした
式が終わって、せっかくなのでアメ横に行って買い物をして夕食を食べて首都高に乗ったら、先日買ったガーミンのナビのおねーちゃんが「出口左側です」って案内するので「おかしいなー」って思いながら降りたら銀座方面に下ろされる始末
結局後から確認したら左に曲がれってことらしく、その先に出口もあるってことらしいです
それならそうと「左に曲がっても出口では下りないでください」くらい気を使って欲しいけど、2万円を切るナビでは厳しいか?

帰宅したら、もちろん爆睡
翌朝子供らが学校に行ったのも知らんかったです
都会は疲れます

1日明けて毎年お米をお世話になっている木島平の小林さんのところにお米を買いに行ってきました
郡下の学校が先生の講習で休校のため子供たちも同行です
途中のSAで朝日の大好きな軍関係の車両を発見して記念撮影をさせてもらいました
R0011013.jpg
さすがメガクルーザーはでかいです
こちらもさすが軍の方です、やすめの姿勢で小僧が何かしでかすかわからないので注視しています

なんと運転席の乗せてくれました
R0011014.jpg

1年分の玄米を積んで無事帰宅
車の運転は疲れます
連休から怒涛の日々が続きました その1
連休後半はお休みして姪の結婚式で東京に行ってました
娘の部活の試合が終わって夜に出発し、途中車泊で仮眠してその後常連さんのお店を早朝営業してもらって、髪を切ってもらって乗り込みました
場所はちょっと高級なフレンチレストラン
なかなかいい雰囲気です
R0010882.jpg

司会は山マウンテン
R0010854.jpg
画像が小さいので詳しくはこちらをご覧ください
山マウンテンの公式HP

小猿2匹の行動に不安を抱えていたところ、こんな雰囲気でしたので心配なかったです
R0010958.jpg

ウドさんも子供たちと仲良くしてくれました
R0010989.jpg
初めてキャイーンのネタを生で観たけど、あんなに面白いコンビとは知らんかった「失礼!」
アメリカ土産は石ころ?と糞?
石垣教授がアメリカのテンカラ講習会に講師で行ってきたので子供たちにお土産を送ってくれました
パタゴニアの創設者イヴォンとテンカラを楽しんできたそうです

とりあえず開けてみたら

R0010727.jpg
川の石ころ

R0010726.jpg
エルクのふん「ご丁寧に付箋までついています」

さすがテンカラ大王!
洒落てます!
いけてます!!
掴みどころを知ってます!!!

どちらも美味しいチョコレートです
R0010728.jpg
かなりリアルに作っています
さすがアメリカンジョーク!熱帯魚みたいなケバイ魚が入っています

R0010729.jpg
どっからみても普通のチョコですけど、エルクの糞ってこんなんでしょうか?
固有種ヤマトイワナの放流
今日はヤマトイワナの稚魚放流でした
ヤマトイワナは主に中部より西に生息するイワナの種で、東に生息するニッコウイワナに比べて養殖が難しい種です
養殖が難しいため放流される岩魚のほとんどはニッコウイワナで、木曽の河川に生息するイワナのほとんどはニッコウイワナかヤマトイワナのハイブリッドになっています
そんな現状を少しでも改善するために福島にある県水産試験場で養殖されたヤマトイワナを川の奥に放します
その水産試験場は木曽駒ケ岳の麓にあります
R0010722.jpg
敷地内に入るときには車と長靴を消毒して入ります
R0010704.jpg
さすがに商業的施設ではないために水槽にはゆったりと大きな魚が泳いでます
R0010706.jpg
これは50オーバーのレインボーです
R0010715.jpg
見づらいですが親になるヤマトイワナが泳いでいます
尺オーバーのヤマトがまとめて見れるのはここだけかも
ヤマトは敏感で近寄ると、すぐに遠くに泳いで行ってしまいます
R0010711.jpg
こちらは2年魚のヤマトです
R0010724.jpg
放流ポイントは各河川の奥の奥や支流の種沢です
放すと何故かすぐに陸に近寄って押し合います
今回は全部で8000匹程度です
大きくなるのはこのうち半分くらいの4000匹いればいいところでしょう
4000匹なんてキープされればすぐにいなくなります
できるだけ支流や川の奥の釣りはご遠慮いただきたいものです
今後は漁協にも禁漁区やC&R区間を設定していただけるように話していきたいと思っています
後片付け終了後山へ行ったはいいけど‥‥‥結果は最悪
今年は電気柵のおかげでイノシシにやられたのは設置する前だけで無事収穫ができました
細くて収穫しなかったのが30本ほど残っていたので、残りを収穫して干しました
そのほかかぼちゃも今年は良くできてます
来年も電柵には活躍してもらおう
R0010701.jpg

昼に終わっても天気は快晴
トレーニングで走ったのはいいけど気温が低かったのが影響してか手術した膝が又調子悪くなってしまいました
この程度の負荷で痛くなるとは情けないです
とりあえず階段を下りれるまで平地で走ります
R0010703.jpg
ハイエーストランポ製作「その他編」
とりあえずトランポとしての形は出来上がりました
簡単いえばバイクが固定できれば別にBOXは作らなくてもいいんじゃないの?って頭に浮かんだのは消し去って、ちょっと使いやすそうな細工をしてみました
まずはトランポなので一番重要なバイクの固定に必要な小物の準備です
このタイプはグランドキャビンとかと同じ車体なので使わないボルト穴が安っぽいシールで隠してあります
ベルトをかけるフックは下よりも上の方が力学的に安定すると、以前MC-JAPANの末石さんに聞いていたので、早速使えそうなボルト穴を調べるとシートベルトの取り付けがいいところにあるので、これを利用することにしました
ちなみに愛車は6人乗りのDXの特装仕様なのでリアのシートベルトはなくてもいいらしく、不安に思っていたんですが先日の車検で無くても大丈夫だったのでこれを使うことにしました
上部に2ケ所と下に一ケ所あるので合いそうなボルトを工具箱で物色してみると10MMが合いそうなんだけど微妙にガタがあって今ひとつ
でもとりあえず固定できるので頭にシャックルをつけることができるボルト3本とシャックルをホームセンターで購入全部で1000円程度です
とりあえず締め付けると2本は完全に固定したけど1本は締めこんだらねじ切れみたいになって大慌て!
ほかのもなんとなく不安になったんで、再度工具箱を探していたら合いそうなボルトが出てきました
それは昔シリーズⅢに取り付けようと思ってとっておいたシートベルトの固定ボルト
そうみても10MMより大きいです
合わせてみたらねじ切れたと思っていた穴にもピッタリフィット
近所の整備屋さんにある解体屋行きの軽トラからベルトを固定している3本をいただいてきて無事解決
シャックルをつける金具はよさそうなのは高かったので90円の平板のパーツを無理やり曲げて取り付けました
R0010692.jpg

次はタイヤストッパーです
これも市販品は恐ろしく高いので最初は缶つぶし機を改造するつもりでしたがヤフオクで安く出ていたのをゲット
特にオグショーのストッパーは床に固定しなくても安定する優れものです
もう片方もはしっかりとした作りで2個セットだったので3台「自分のバイク」を積むことも考えて、適当な板に固定してみるつもりです
R0010691.jpg

その次はトランポ定番のフックやカゴなど付けるためのネットの固定です
こればっかりはいいボルト穴が無いので、仕方ないけどドリルで穴を新しく開けて、便利なボルトを購入して取り付けました
取り付けは最近は便利なボルトがあるんでホームセンターで購入して使用しました300円
OGP006-M6_2.jpg
ネットはサンバーで使っていたものを使って大きいのだけ1枚購入900円
窓には冬の防寒対策にウレタンマットか風呂マット、または銀マットを貼るつもりです
R0010690.jpg

そのほか付属品で付いてきたリアテーブルも付けて、運転席もパーツをヤフオクで中古品を超格安で購入して取り付けてちょっとゴージャスになりました
R0010694.jpg
R0010693.jpg

リアのサイドステップも鉄板剥き出しだったので、これはちょっと奮発して新品を7000円で購入して床張りの部分と干渉するところは切り取って、面倒なのでシーラーで埋めて処理してみました
R0010699.jpg

この次は古いナビを外して空いたスペースに中古で買ったバックミラーモニターを分解して埋め込み予定で、ポータブルナビを来週東京に行くために買ったので、1DINのナビのスペースが相手もったいないので、安いインダッシュのモニターでも付けて冬の日本海遠征の車中泊の暇つぶしにDVDでも見れるようにしようと思います

ハイエーストランポ「製作編」 やや完成しました
子供2人がモトクロスをやり始めた関係で愛車を110から200系に乗り換えたのは以前BLOGにも載せました
車両はワイドのスーパーロングDXだし、前オーナーは内装屋さんで仕事に使っていたので中身は空っぽでした
でも運が良かったのは内装屋さんが床を貼っていて、無垢の高級フローリングが貼られていました
ついでにシートも200系ではないですが100系のSGLシートがついていて後部座席も快適仕様です
暇を見つけて1ヶ月でなんとか形になりました
ベッドキットの購入も考えたのですが、親切に対応していただいたメーカーさんはスタンドタイプよりも、BOXタイプの方がトランポには使いやすいですよって話していたので、BOXタイプを調べたらもう一台バイクが買えるような値段のものばかりなので、DIYすることに決めました
予算は20000円と超ーーーーーチープ計画
形はどこのトランポも同じようなBOXをサイドに二つ設置して天版を載せるタイプです
ホームセンターに行ったら以前クライミングボードを作った時のような20MM程度の合板が全くなく、目についたのが11.5MMのコンパネ!値段は980円
設計図「広告の裏に適当に書いた図面」だと4枚必要なのでとりあえず強度はなんとかなるだろうと購入

ここで4000円+直線4本をカットしてもらって切り代30円X4で120円
確実に強度不足になるのを見越して角には補強の金具を入れる
一番安いのは5つで120円だったので全部で30こ買って720円
取り付けの木ネジとコースレッドも買ったので400円程度
木工ボンドの300円で購入
この時点で約5600円なので予算内に収まりそうなナイスな買い物です
しかしこの安直な考えが後々響くのです

構造は簡単です
それぞれのパーツに切ったコンパネをボンドを塗ってコースレッドで止めるだけ
箱ができたら角に補強のL金具を固定して、家にあった床用のウレタン塗料を塗って終了
それを床にL金具を使用して固定しました
このL金具は角の補強より強度がいるので1個90円の物を8つ購入して720円
普通ならそれほど強度はいらなそうなところだけど、バイクのスペースを最大で設定したのでBOXの幅が220MMと狭く、椅子として腰掛けると横の力に弱そうなので念の為しっかりと固定してみました
形ができたら板の床は滑るのでフローリングのマットを貼ります
本来ならシートも取り去って全面貼るところですが、すでに床の上にはパンチカーペットがきれいに貼られているのでバイクスペースだけ貼ることにして節約です
確か3000円位だったかな?
ここでトータル約10000円の出費で確実に予算以内は確定!

天版も塗装して早速載せてみたらドンピシャできれいに設置できました
乗ってみたら、、、、、、やばいくらいたわみます
型枠用のコンパネだから大した強度はないと思ってたんですけど、ここまで弱いとは予想外です
すぐに補強策を考えました
方法は
①予算に目をつぶって20MMの化粧ベニアに買い換える
②パイプの補強を4箇所入れる
③角材の補強を入れる
④天版に補強のための角材を付ける
この4つから選んだのは④の方法です
①は今さらきれいに切って塗装までした天板を使わないのはもったいないし②と③は補強のパイプや角材を収納するスペースを新たに作るのは面倒だし、固定の切り込みは椅子に使うので入れたくない、で結果④採用
ただ本来は天板にはウレタンマットをビニールレザーを貼って止めるつもりで、補強を入れると立てて収納するときに確実にBOXの220MMからはみ出るのは目に見えているので、ウレタンクッションを貼ることを断念
家にある銀マットで対応することにした
これでまた予算削減です
補強の角材はホームセンターで一番安そうな2X4の板を特価の180円で売ってたので8本購入して1700円
予算がありそうなので、BOXの天板の蝶番を探していたら車の壁で普通のものは引っかかることが判明して、少し値が張るけど試しにリンクタイプの物480円を2つ購入して1000円
これで総額13000円程度になりました
「まだこのほかバイク固定用のタイダウンをかけるフックとか買いました」
R0010689.jpg
R0010695.jpg
R0010696.jpg


補強板をそれぞれ天板に2列貼って収納のことを考えて少しずらして裏同士ピッタリなるように貼ってみました
そしてのってみる

ガーーーーーーン
まだたわみよる
ましにはなって折れる気配はないけど、うちの馬鹿息子共が暴れたらやばそう
おまけに4月からダイエットして70キロ前半まで落とした体重の自分が一緒に寝るのを考えると、一抹の不安が”

こうなったら下に土台を入れるしかない!
それも調整できるやつで、もちろん予算は少なめに
そんな感じでホームセンターを物色していたらいいのがありました
土台用に調整できる金属製のしっかりしたもので値段は一本380円
買うしかないでしょうと4本買って1600円なり
これで最終的に14600円で終了
R0010697.jpg
R0010698.jpg


出来たのは先日コースに走り行って帰ってきて片付け前の画像をご覧ください
しかしほんまにおっきいです
そのほか細々したのは「その他篇」でどうぞ
連休後半は申し訳ないですが休みにしてます
体育の日の後半9日の宿泊は10日の姪っ子の結婚式に参加するのでお休みにしています
8日は既に満室となっています
週初めは寒気が入ってくるので、また最低気温が零下になりそうな気配です
毎年この時期は全国のアメダスで2番目に低い気温を記録することがあります
絶対抜けないのがどこかわかるでしょうか?






答えは「富士山」山頂です
さすがにここだけは抜けません
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。