スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな時こそ普通に生活をするべきだ!
昨日より救助作業が進んでいるようです
参加していない自分が言うのもなんですが、一刻も早く救助して欲しいです

あいかわらず開田高原は暖かい快晴の日が続いています
そういえば禁漁まで残すところあと1日です
最後の釣行を予定されていたお客さんたちはやっぱりこれだけ報道されていると敬遠されて皆さんキャンセルとなりました
その代わりと言ってはなんですが行ってきましたマイリバー
噴火当日の火山灰が岩にうっすら積もり、水の色も青白くいつもの川の雰囲気ではありませんでした
R0015190.jpg

でも魚は元気に相手をしてくれました
この時期出る大きなやつは残念ながら出ませんでしたがイワナにアマゴも多数出て、シーズンを締めくくれそうです
R0015192.jpg


ん? 明日もあるやん
スポンサーサイト
木曽町のイベント中止のお知らせです
まだ噴煙が高く上がっていますが開田高原には降灰もなく穏やかな秋晴れです
捜索が続けられている中、木曽町で予定されていイベントの中止の決定がなされました
開田高原のそば祭りに日義のきのこ祭りが中止です
正直開田高原の被害はほとんどなく開催することで地域の安心もアピールできると思うんですけど、こういうことがあればどうしても地域のイベントは中止になってしまいます
楽しみにしていた皆さんには申し訳ないです
今朝の御獄山
昨日はお客さんが灰をかぶりながら下りてきました
車には灰がこびりつき噴火のすごさを物語っています
でもお泊まりの皆さん無事でよかったです

噴火から一夜明けて全貌が見えてきました
救助を待つ人が小屋にいるためかヘリが飛び交ってます
家の横のグランドの駐車場にはレスキューの所領が多数待機しています
五ノ池のいっちゃんとは昼間に連絡が取れたあと連絡が取れませんが、報道だと30人くらいの登山者と待機しているようです
おそらく小屋にいたお客さんを女性従業員と下ろして二ノ池方面から逃げてきた登山者の救助のために残っていたと思われます
無事に下りてきて欲しいです

5日前に継母岳に登った時に森林帯の付近から噴煙が出ていたのを不思議な気分で見てたんですが、まさかホントに噴火するとは思いませんでした

R0015185.jpg
御獄山噴火、火山警戒レベルは3に引き上げられ入山規制です
昼前に五ノ池小屋のいっちゃんから「噴火した」の連絡が有り、まさかと思って窓の外を見ても黒い雲に覆われてよく分からず、でもよく見ると青白い雲がのびていて普通じゃない雰囲気がしました
その後役場、警察、救助隊関係からの電話が鳴りっぱなしで、外は灰が降り始め硫黄の匂いが立ち込めました
しばらくすると降灰もなくなり外に出て山を見ると噴煙が柱状に上がっていました
たぶん6000-7000M付近まで上がってるんじゃないでしょうか
紅葉シーズンが始まり多くの登山者が登ってるので心配です
とりあえず管轄の開田口ルートのカードを確認してみなさんの無事を確認しました
気象庁からの発表で警戒レベルが3に引き上がられたのでしばらくは入山が規制されます
このままなにもなく落ち着いて欲しいです
R0015184.jpg
C.jpg
紅葉してきました
一雨で紅葉がいっきに進んだようです
今は8合目から9合目の森林限界上部が見頃になってきています
問題は来週の台風の進路です
R0015176.jpg
秋といえば紅葉にきのこに食欲の秋
残念ながら昨日から台風の影響で雨となっていますが、きのこにとっては恵みの雨です
これでまたきのこが採れそうです
R0015175.jpg
地元ではボウズと呼ばれるきのこです「正式名称はショウゲンジといいます」
シーズン終盤にこの雨はきついです
しばらく雨がなくカラカラ天気で川のコンディションも今ひとつでしたが、今日は恵?の雨
23時現在強く降っています
明日の川はちょっと入れそうにないですね
なんとか週末はいけそうな気がします
御嶽山のバリエーションルート、継母岳に登ってきました
2泊3日でお客さんと御嶽山に登ってました
目的地は今では登山ルートから消えてしまった継母岳
初日はゆっくり出発して濁河温泉から山小屋へ
泊まる小屋はもちろん五ノ池小屋
R0015128.jpg
最低気温がマイナスを記録しても薪ストーブであったかい小屋です

2日目はいよいよ継母岳を目指します
R0015132.jpg
賽の河原から見える継母岳は遥か向こうです

一の池の西側からついに全貌が見えてきます
R0015141.jpg

前に登ったのは30年ほど前で、その時は登山道もなんとか表示されていましたが、浮石いっぱいの岩帯を行き最後にきつい壁を登るルートです
R0015147.jpg

シャクナンゾ谷の源頭部まで下がって振り返ると下ってきた岩山が迫っています
R0015150.jpg
日本最高所の滝の神津滝もこの位置に来ないと見えません
R0015151.jpg
拡大写真です
R0015152.jpg
「四の池の幻の大滝と呼ばれる滝は日本最高所の滝ではないのです」

昔のルートがよく見ると残っていていますが、不明瞭で浮き石も多く危険なルートで大人数のパーティーでは危険すぎます
なんとか稜線に出ると山頂までナイフリッジを通過します
R0015155.jpg

子供達も登頂することができました
R0015164.jpg

3日目は開田口ルートを下山して歩いて自宅まで帰宅です
これが長いんですけど自宅玄関まで帰れるルートはちょっとないでしょう

疲れ果てましたが念願の継母岳にお客さんと子供たちと登ることができ達成感たっぷりの3日間でした

明日から雨らしいです

いつかはこんなの採ってみたい「川情報もあります」
地元の方から松茸を7本もいただきました
R0015124.jpg

もちろん今日のお客様にも御裾分けっていうか、ほとんど全部です
ホイルに乗ってるジャンボサイズは明日五ノ池小屋のお土産です
明後日は継母岳に行ってきます
登山ルートが消えて30年くらいになりますが、頂上直下のナイフリッジが魅力なルートです
今日お泊まりのお客さんと2泊ですので24日まで臨時休館となります

開田高原の川の状況は雨がなく水位は低めです
先週は放流が木金曜日と続いたので大盛況でしたが、今日は入る人も少なかったです
気温も少し高めで数日続きそうなのでシーズン最後に木曽の川に遊びき来てください
まだ9月ですけど霜降りました。
朝はなにげに寒かったですね
アメダスの最低気温は0.7度
(*゚∀゚*)キターーーーーーーーー
http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/today-48531.html?areaCode=000&groupCode=33
夏本番ってことあるわけないやん
朝の冷え込みもなく気持ちのいい一日でした
川に入って空を見るとまるで夏のような青い空です
8月にこんな空見えたかな?
R0015110.jpg

川のほうは雨が最近降らずちょっと水位は少なめですが、連休のハイプレッシャーが解けたのかよく出てくれました
週末の天気がちょっと心配です
R0015109.jpg
近所の林道で小僧とMTBトレーニング
連休最終日もいい天気でした
それにしても木曜日と金曜日にヤマトイワナとタナビラの放流があったせいか、開田高原の川は都市部の通勤電車のような混み具合でした
どこも人ばかりで皆さん釣果は芳しくなかったようです
今日は比較的空いていましたが数日プレッシャーが高かったので大したことはないと思い今日は川は行かず、暇そうな次男の朝日が「ハードなとこ行きたい」と言うので近くの林道にMTBで行ってきました
ここは今年から新たに整備が始り数年後には西又の林道と合流する予定らしいです
終点までの距離は5キロ程度ですが結構厳しい上りが続き、朝日はヘロヘロ、俺もヘロヘロ
下りはかなり飛ばせます
ローで漕いでもついてくる朝日はなかなか速かったです
CA3I0363.jpg
やっぱりディスクが欲しいです

明日は川に呼ばれる気がします
BS釣りビジョン「テンカラの足跡を訪ねて 大学教授石垣尚男」
BS釣りビジョンで9月19日からテンカラ大王「石垣教授」やダニエルが出演する番組が放送されます
テンカラの過去から未来までを番組にしました
かなりいい出来らしいです「まだ石垣教授は見てないそうですけど、シマノのTOPの評判だそうです」
BSなので契約していないと見れないです
残念ながら我が家も見えないけどDVDで送ってくれるそうです
http://www.fishing-v.jp/program/program_data.php?p=89&pcd=8415480
只今当施設ではテンカラウイルスが蔓延してます
朝からフライマンの常連さんがテンカラウイルスに感染してました
ウイルスのキャリアはもちろんテンカラ大王の石垣教授
ガンガン注入してます
R0015091.jpg

机上の講義はそこそこに実釣です
一昨日と昨日放流があったので開田高原の川はどこも人だらけのハイプレッシャーです
フライでは実績のあるお二人ですがなかなか魚は出てくれません
R0015095.jpg

昼から仕切りなおしてようやくヒットさせたようです

うちの次男の朝日がいきなりイワナを釣ってきました
サイズは26CMの立派なイワナです
今は餌釣りですが、もう少し釣れるようになったらテンカラ大王にテンカラウイルス注入してもらいます
R0015093.jpg

連休中はどこの川も混雑しそうです
狙い目は来週平日でしょう
もうしっかり予約入れてる人いますね
林道トレイル MTB編
今日はこの冬にMIAにアイスクライミングウオールを作ることになり、詳細を詰めるためにロープウェーに行ってきました
現在なぜかうちにあるS-WORKSで冷川林道から唐沢林道を抜ける最短ルートで行くことにしました
とにかくこのバイクは何がすごいって軽さがすごいんです
MTBのフロントサス付きで10キロ切るギリギリです
エンジンの非力さを十分補ってくれているはずが、エンジンがさらにしょぼすぎて途中から一気にペースダウン
くたびれました
CA3I0357.jpg

帰りは舗装道路を走るのも面白くないので、来た道を帰ることにしました
さすが下りは行きの半分以下で帰宅です
フルサスじゃなくても結構走れるもんです

帰ってとうもろこしを食べていたら大治郎が欲しそうに見ているので試しにあげたら、前足でうまく掴んで食べ始めました
CA3I0358.jpg

バイクの林道も面白いですがMTBもなかなか面白いですよ
次はどこを走ろうかな


1ヶ月ぶりに振ってみたら、、、、、、ちょーーーー下手になっていた
夏が終わって「夏もなかった感じですけど」一気に肌寒くなってきました
ようやく時間がゆっくり取れるようになったので久しぶりにマイリバーで竿を振ってきました
川の水もさらに冷たく、周りの木も緑が薄くなり始め、禁漁が近づいていることを実感します
それにしても1ヶ月振らなかっただけで、ここまで下手になっているとは!
アタリが取れずバラシの連続オンパレード
1時間くらいはまったく針に乗らず凹みまくりでした
なんとかかかってくれたのはこんなヤマトが濃いハイブリッドのグッドサイズのイワナ
R0015067.jpg

ボツボツ出て、それなりに遊べました
そろそろ大きいのを掛けて来年につなげたいなー
珍客来る!&川情報です
昨日雨の中玄関に現れたのはびしょ濡れのチャリダー
泊めて欲しいと言われるも、あいにく合宿で満室状態
でも荷物も体もずぶ濡れなんで布団部屋をきれいにしてあったのでそこに泊まることになりました
聞けば北大の法学部2回生でチャリで今月半ばまで旅をしているらしい
今時珍しい正統派のキャンパーに乗ってるのも好感が持てた
洗濯などして少しは疲れも取れたようで、また北に向かって走り出していきました
羨ましい限りです
R0015062.jpg

川の方は昨日から断続的に激しい雨が降り増水して濁っています
明日は厳しいかもしれません
禁漁まであと1ヶ月を切りました
そろそろ天候も安定してもらわないと困ります
9月初日も雨ってか!夏を感じず秋に突入とは寂しすぎるぞ!!
あっという間に9月ですと言いたいところですが、8月はほとんど6月のような天気で実感なく、「いつ8月やった?」というのが今の心境です
9月初日も雨
雨が普通の天気になってきました
影がある景色も最近見てないです
太陽が眩しいくらいに厳しい残暑になって欲しいもんです
今日は畑も入れず、一日次のお客さんの準備を室内でしていました
現在プレイルームには5台の自転車があり、3台は借り物で吊るしてあるロードは35年ほど前にオーダーしたパーツを70年代後半のフレームで組んだもので、キャンパーは33年前に北海道旅行のために深谷産業でフルオーダーしたものです
すぐに走れる状態の3台も雨で全く走れず、宝の持ち腐れ状態です
いつになったら試走できるんだ?
R0015055.jpg
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。