スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIAでアイスクライミングウオール作ってます
そろそろ山が白くなり始めてスノーシーズンもすぐ間近です
降雪作業は来月半ばから始まり12月初旬にはマイアもチャオもオープンです
今シーズンのマイアの目玉は個人的に一押しのアイスウオールです
近年アイスクライミングの愛好者が増えていて人工の氷壁は有名なところでは八ヶ岳の赤岳鉱泉のアイスキャンディーに
岩根山荘のアイスツリーですがどっちも関西や中京圏からは遠いのが難点でした
御嶽山には濁河温泉のエリアが賑わっていますが、天然はやっぱし初心者には厳しいところもあり、そのこでマイアで人工の氷壁を作れないかと会社にお願いしてあったところGOサインが出ました
ここの利点は気温の低さはもちろん、人工降雪機の配管があること
使える水の量はハンパないです
もちろん初めての作業ですので簡単ではありませんが、スキー場で初のアイスエリアとして定着させていきたいです
R0015432.jpg
高さは11mあります
R0015434.jpg
センターハウスでお茶を飲みながら見学も可能です
R0015433.jpg
全部で3面登れます
R0015430.jpg
まだまだ改良するところがありそうですが形は出来てきました
R0015429.jpg
上から滑りを見るのも最高です

利用要項などはマイアのHPで告知されていくようです
アイスのマテリアルは高価ですのでレンタルがあれば良かったのですが、なかなか初年度からは無理でしたが、初心者向けの講習会を開催して多くの方にこのスリリングなスポーツを体験していただきたいです
スポンサーサイト
テンカラ王子?発見
今日もいい天気です
昨日が快晴だったので今朝の放射冷却は厳しく水道管の凍結防止の電源をまだ入れていなかったので北側の水道が凍っていました
まだ破裂するほどではないですけど油断は禁物です
山道具やら釣り道具やら整理していたらずいぶん昔のテンカラのビデオ2巻が出てきました
このころ自分はフライとテーパーラインでテンカラもやっていた頃です
なんとテンカラ大王の石垣教授が解説とあります
という事は大王がまだ王子時代の映像があるかも?
ラッキーなことに押入れの奥からビデオデッキも発見したので早速拝見しました
R0015426.jpg

若いです「当たり前か」が語りとゼスチャーは今と変わりません
今ではレベルラインの先駆者として知られていますが、このビデオでは4人のテンカラ氏の解説をしていてレベルラインは一人だけで、たぶんこの頃を前後してレベルラインの可能性を見出していたんだと思います
今見ると奥深い内容で勉強になります

開田高原の紅葉もそろそろ見納めになってきて今の見ごろは三岳くらいでしょうか
そろそろカラマツの黄金色の紅葉が始めるとあっという間に白くなって冬に突入です
R0015419.jpg

御嶽山が白くなるのも間近です
R0015427.jpg
救助完了しました。山でこんなに疲れたのは久しぶりです
昨日は朝から救助で出動です
場所は御獄ではなく中央アルプスの檜尾岳付近で遭難救助要請
昨日は悪天候でヘリも飛ばず地上からも細かい捜索はできず、遭難してからすでに3日目とのこと
近道は駒ケ岳ロープウェーを使ったルートですが千畳敷から2時間半はかかる場所です
極楽平に上がると御嶽山が綺麗に見えています
噴煙もずいぶんと少なくなった感じがします
CA3I0369.jpg
好きな山のひとつの三ノ沢岳も雪がない時は初めてです
CA3I0370.jpg
2011のツアーではこんな感じです
2011三ノ沢岳ツアースキー

檜尾岳からは南アルプスが全貌できる素晴い景色です
でもこの時点ですでに何度も沢や尾根を上り下りの捜索して、すでにヘトヘトでした
CA3I0372.jpg
CA3I0373.jpg
CA3I0374.jpg
甲斐駒から仙丈岳に北岳、富士山、塩見岳、赤石岳など素晴らしいパノラマです

捜索をすれども発見できず今日の捜索終了の時間ギリギリでヘリから発見の連絡が!
地上ルートはハイマツや岩稜帯で手ごわいですが隊員のモチベーションUPで要救助者を発見
CA3I0376_201410291512311f5.jpg
このダケカンバのところに岩陰があり窪地で風をよけれた場所があったのが幸いしました
ここまでなんとか移動してきたようです
軽い凍傷と脱水症状に肋骨を骨折と滑落した割には奇跡的に軽傷?でヘリでピックアップできるところまで搬送してヘリを待ちます
問題は風!
稜線は吹き飛ばされそうな強風が吹いていたので、なかなか近づけずヘリでの救助を諦めていたとき少し風が弱くなったスキを見て救助作業開始するも1回目は強風でヘリが安定せず失敗
再トライしても枝に引っかかりダメかと思いましたが数秒でホイストにかけて救助完了
数分後強風が吹き始めました
まるでTVの釣り番組のように最後の一投でビッグフィッシュGETみたいな瞬間でした
CA3I0382.jpg

稜線まで出ると隊員たちは太陽が沈む直前の夕焼けに染まってました
CA3I0383.jpg
やはり生存して救助出来た喜びで疲れた中にも充実感溢れているようです

でもねーここからが大変でした
すぐに真っ暗になりヘッドライトで岩場の連続する稜線はかなり厳しく体力も限界で千畳敷に着いた時には倒れ込んで立てませんでした
すでにロープウェーの運行は終了していましたが時間外で運行してもらい真っ暗な中駒ヶ根の夜景を見ながら下山

そして今朝、筋肉痛がすごいだろうと覚悟して起きたんですが、ちょっとだけの筋肉痛
どこかで明後日じゃないのってポソッと聞こえました

紅葉最高!バイク最高!
ちょっと暖かい朝です
バイクのお客さんには最高の気温です
R0015409.jpg

昨日の夕食は自然薯のむかごでご飯を作ってみました
R0015400.jpg

それとたぶん最後のカヤシメジも出すことができました
畑の野菜も寂しくなってきたので、地元の食材をたくさん使えなくなってきてはいますが、飛騨の地鶏に開田のイワナとか出来るだけ地元で手に入るもので食事を作ってます

噴火から1ヶ月です
日に日に噴煙が少なくなってはいますが、噴煙は高く昇っています
R0015401.jpg
ぼちぼち冬支度でもやるとするか
昨日から雨で一段と寒く感じます
噴火から来週でもう一ヶ月です
すでに今年の捜索は終了して山小屋も小屋閉め作業が終りました
しばらくBLOGを書いていなかったのは報道関係からの取材依頼がひっきりなしに入ってきて、どっから情報を得ているのだろうと思って聞いてみたら。県のHPに載っている山案内人や新聞、最も有効に使っているのがBLOG、FB、ツイッターだそうです
ツイッターはやっていないのでBLOGから情報を得ていたようだったので、噴火関係の画像や記事は一旦削除していました
噴火2日後に新聞社から取材を受けたのがネットに流れて、これも情報源になっていたようです
しばらく取材も断っていたのですが、数日前から日本の火山の監視体制を数値だけ見て判断するのではなく、現場の小さな変化なども必要だという考えが気象庁など研究機関で意見されるようになり、御嶽山の噴火の事例を調査しているという取材の依頼が入ってきたので受けることにしました
継母からの噴煙の画像なども提供するつもりです
御嶽山の入山規制が早く解かれるように協力してくつもりです

そう考えていたらいきなり明日TVの取材が入ってきました
昨日から雨で山道具やら釣り道具やら夏から冬に変更するために部屋の中はぐちゃぐちゃでヤバイです
週末の予約も久しぶりに入っているので片付けなきゃいかんです
片付けしているとなかなか前に進まないこともよくあることで、案の定去年と今年拾ったポールのカバーを並べてみました
R0015344.jpg
まあよく落としているもんです
全部ゴミを落としていることと同じ感覚はないんでしょうかね?

並べてみると面白いことが見えてきます
まずは底のタイプが4つに分けられること
R0015351.jpg
これはストックの王道LEKIのもので斜めのは「ノルディックウオーキング用」。品質がいいのかどれも減りは少ないです
R0015357.jpg
次はメロンパンタイプ「勝手に名づけた」
R0015356.jpg
次は目玉おやじタイプ「これも勝手につけた」
R0015350.jpg
最後は吸盤タイプ「ってこれで登山道に吸い付くとは思えんが?」

これだけ落ちるんだからメーカーも考えたらどう?
登山者もテープで巻いておくとか対策したほうがいいよ!

R0015359.jpg
靴も夏靴から冬靴にチェンジです
「今年はアイスやりまくります」
キノコの季節に時間ができたら、行くしかないでしょう!
台風の影響が出てきたのか昼から雲が湧き始めました
朝から聞こえていたヘリの音も今は聞こえません
新たに救助されたという報道はなく、雪がすぐそこに迫っているのを考えると厳しくなってきたのは確かですが、なんとか全員見つかって雪が積もって欲しいです
お客さんはキャンセル続出状態でしたが、新たな予約が数件ありがたいことに入ってきました
開田高原は全く被害がないと言っても。やはり山に残された人のことを考えると足が遠のくのも仕方がないことです
でもここに住む人たちの生活は何も変わっていないことを考えると、いつもの通り過ごしていくのが当たり前のことなんです

っと言うことでAM,PM2R山に入ってきました
先週かやしめじが予想外に採れたので、もしやと思って秘密の場所に行ったんですけど早すぎました
たぶん台風が来たあとに出るんでしょうね
そんな訳でカヤシメジをチョコっととヌノビキ「クリフウセンタケ」をカゴいっぱい採ってきました
例年だとお客さんに食べてもらうんだけどね~
R0015281.jpg
今朝はすこしヘリの音がすくないような気がします
今朝も快晴です
今日の捜索でみなさん見つかってほしいです
週末台風が来るようで、またなんでこんなときに連続で来るのかと思います
FACEBOOKを利用していますがなんか最近おかしくなり始め、第三者が何か入り込もうとしているのか、なりすまそうとしているのかログインができなくなっています
復旧するまでは書き込みやメッセージを使えないのでご了承ください
木島米買ってきました
心配だった台風も大した影響はなく今朝も救助のヘリが飛んでいます
次女が通っている歯医者に行くために金曜日から帰宅していて台風で月曜日は休みななるからと構えていたら
いつになっても休校の連絡はなく、月曜日の早朝に松本に送っていきました
小僧2人は小中学校が休校のためついてきて、そのまま木島平村にお米を取りに行くことになりました
松本に着くとなんと休校の連絡があり次女もそのまま同乗して一路北へ向かいました
雨も風もたいしたこともなく久しぶりにR19を長野市まで走り、市内の献血ルームで二人で献血して木島平でお米を乗せて帰ってきました
いつもと同じ風景を同じ感覚で走って帰宅して朝起きて山を見るまではいつものことです
山を見て噴煙を見るといつもと違う秋なんだと実感しています
R0015279.jpg
紅葉も進んできました。
今朝の噴煙はかなり少なくなってきました
台風が近づいている影響か西風が強く少し霞んでいます
山の紅葉は8合目付近まで下りてきて、予想通り今年の紅葉は綺麗です
噴火さえなければと一日何回となく思ってしまいます
明日から台風の雨が予想されています
今日の搜索で行方不明者全員救出されることを願っています
R0015278.jpg
R0015276.jpg
R0015277.jpg
麓から見る山はいつもとかわらない山のように見えますが
今日から10月です
いつもなら川の魚から山のきのこに目線がシフトする日ですが、今朝も目線は山に向いてます
R0015198.jpg

噴火依頼晴天が続いていましたが今日は曇で山は見えません
風向きも少し北東向きに寄ったような感じですが匂いもほとんどなく、秋の曇の一日と変わりません
違うのはヘリの音が聞こえる事と畑の作物の葉っぱの上に噴火直後に降った灰がのってる事くらいでしょうか
R0015196.jpg

そうは言っても確実に冬が近づいているのでやるべきことはやっておかなければいけません
畑のとうもろこしも片付けてマルチはがしが待っています
これもマルチの上に火山灰がうっすら積もっていつもと違う光景です
R0015195.jpg

まだ多くの方が山に残っているようです
一日も早く下山して家族のもとに戻れるように願っています
それまで雨は降らないで欲しいです
Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。