スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長野県山岳遭難救助訓練に行ってきました
昨日まで3日間の長野県山岳遭難救助訓練に行ってきました
大町の山岳センターに宿泊して現場は大町スキー場跡や栂池自然園で県警の救助隊と合同訓練です
久しぶりの参加だったので知り合いの山関係者といろんな話が出来た3日間でした
木曽地区からは五ノ池小屋のいっちゃんと参加で、御獄にある「和哉シュート」で有名な?白馬のカラースポーツのガイド古瀬和哉も一緒でした。そのほか北アルプスの救助では欠かせない唐松頂上山荘の中川さんや岳沢の坂本くんに中アのスギちゃんに南アの仲間など各地区からの隊員や県警の救助隊にも顔なじみの隊員がたくさんいて2夜連続の大宴会で大盛り上りでした
訓練も晴天に恵まれ、面ツルの白乗の大斜面を横目に見ながら雪洞を掘ったり搬送をしたりと有意義な3日間でした
バックカントリーがすでに普通のスキーヤーやボーダーが簡単に入ることができる時代になりました
年々山に入る人が増える一方遭難者の数も増えています
雪山は誰でも簡単に入れない世界ということを皆さんに認識してもらいたいです
雪山に入ることのできる人は雪山の知識と技術と装備を備えて万全の準備が必要です
1件でも救助要請が少なくなることを願っています
R0012683.jpg
ツエルトを使った搬送訓練です
R0012678_20130216201422.jpg
R0012682.jpg
今回もピープス社の方のビーコン講習もやりました
R0012685.jpg
自然園まで歩行訓練です
R0012689.jpg
R0012686.jpg
後ろに見えるのが白馬乗鞍の大斜面です
その気になればゲレンデトップから2時間半で行けますね
R0012681.jpg
県警の若い隊員はなんと懐かしの西沢スキーにジルブレッタにコフラックのプラブーツです
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。