スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジビエ料理講習会に参加しました
いやー暖かいです
3月を飛び越えて4月の陽気です
積雪量も目に見えて減ってきて、なんとなく春の予感がしてきました
昨日は県が主催するジビエ料理講習会に参加してきました
ジビエってなに?
野生肉をフランス語でgibierと呼んでいるので日本でも野生の動物の食肉をジビエと呼んでいます
長野県では日本鹿やいのししなどにより農作物を荒らされたり、生態系の影響が近年懸念されていて、特に日本鹿の生態系の影響は深刻で高山植物が食い荒らされる被害が年々拡大しています
木曽地区には日本鹿は本来生息していなかったのですが、数年前から中央アルプスや木曽川北部で捕獲されるようになり、開田でも御嶽山麓で捕獲されるようになりました
長野県では年間30000頭以上の捕獲をしていますが、まったく減る気配はなく、むしろ増えていく一方です
日本鹿は草木選ばず食べれるものはすべて食べつくすために、群れで行動するとそのエリアの植物は絶滅の危機にさらされます
その捕獲後の活用方法としてジビエ料理が注目されるようになりました
今回はジビエ料理を提供している講師の方が作っているのを見学して、その後試食して取り扱いの説明の後狩猟免許の説明がありました
おそらく最後の狩猟免許の取得をお願いが一番の目的かも?
料理はどれもおいしかったのですが、特別野生の味がするわけでもなく、結局野生の味「匂い」を消すことが一番のことのように感じました
せっかくだからもうちょっと野生の味っていうのが出ればと思うんですけど、出過ぎると苦手な人もいるし難しいところです
今年は狩猟免許受けるかも?
CA3I0578.jpg

CA3I0579.jpg
個人的にはこれが一番おいしかったです「サイズ的にはウリ坊じゃないかな」
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。