スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうしても理解できないこと
少し前に本屋でスキー雑誌を立ち読みしたときのことです
デモの方がいわゆる基礎スキーの技術解説で「上体はスキーの進行方向より内側に‥‥‥」って書いてありました
最近の基礎スキーの技術解説を見ていると同じようなことが書いてあります
少しページをめくると隣のチャオでスクールをやっている岩谷さんがレーサー対象の技術解説で「上体はアンギュレーションをつけて外に向けて‥‥‥」って書いてあります
この矛盾が自分の中には以前からあります
SAJの指導員研修会で腰のラインを中に向けるような話が出始めて、それから数年でSAJの指導員資格も他の資格もすべて捨てました
WCのレーサーを見ても今日までやっていた長野県大会週間の優勝者が載っている新聞を見ても腰のラインが中に入るなんて事はありえません
P1080482.jpg
P1080480.jpg
基礎スキーとレースのスキーの技術が違うなんて事はありえないのが自論です
速さを競う技術が正解と思いませんか?
この矛盾を誰か説明してくれー
[山じゃそんなことどうでも良いって!言う声も聞こえてきそうです」
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

基礎のための基礎
もう基礎スキーって名前をヤメればいいのに。
今の状況をみると「フィギュアスキー」でしょうか?
しかも日本独自のガラパゴス化やし。
| URL | 2011/01/20/Thu 21:26 [EDIT]
その通り!
内足主導とか、内向とか、教育部の言ってる事は訳わからんです。
今年も、『クルードスタンス』とか言う新しい用語が出てきてます。
連盟と某雑誌が金儲けの為にグルになってやってるだけの事ですからね・・・

教育部の最高峰(・・・であるはず)の技術選で教程の通りに滑ってる
選手なんていないですから。

いい加減、連盟に付き合うのも嫌になってきました。
よっさん | URL | 2011/01/21/Fri 00:11 [EDIT]
Re: 基礎のための基礎
> もう基礎スキーって名前をヤメればいいのに。
> 今の状況をみると「フィギュアスキー」でしょうか?
> しかも日本独自のガラパゴス化やし。

基礎スキーと言う言葉は?ですね
本来ならスキー教師が指導法や細かい技術を発表するインタースキーのような大会なら基礎スキーでいいと思います
現状は競技をリタイアした人が競技で滑っていた技術ではなく、SAJの教程を作ってる教授の理論を一生懸命表現してるだけ
WCや全日本のアップしてる選手の滑りの方がよっぽど参考になります
mtontake | URL | 2011/01/21/Fri 09:04 [EDIT]
Re: その通り!
> 内足主導とか、内向とか、教育部の言ってる事は訳わからんです。
> 今年も、『クルードスタンス』とか言う新しい用語が出てきてます。
> 連盟と某雑誌が金儲けの為にグルになってやってるだけの事ですからね・・・
>
> 教育部の最高峰(・・・であるはず)の技術選で教程の通りに滑ってる
> 選手なんていないですから。
>
> いい加減、連盟に付き合うのも嫌になってきました。

現在の教程の理論を説明している教授の講義を指導員研修で聞いたことがあります
内足主導とか、内向を説明するために使ってるWC選手の画像を見ればそういった場面だったんですが、単なる静止画で一連の動きの中でそんなことを基本にしていないのは明らかで、講師のデモと話したときに「そういったこともありだということらしいです」って首をかしげてました
技術選の滑りを見てもやっぱりポジションを低くして内向を意識しているように思えます
たぶん岩谷さんの理論のように腰を絞ってプレッシャーをかけたほうが安定すると思うんですけど
自分は連盟に付き合うのやめてからすっきりしてます
でも滑っているときにもっとどうすればスピードを上げて安定できるかとか、コンディションが一気に変化するような山で安定して飛ばすにはどうすればいいのかとか考える時に、雑誌の技術解説は役に立つこともあるんです
mtontake | URL | 2011/01/21/Fri 09:14 [EDIT]
A級ライセンスと自動車免許の違いと同じでは?
whitejunkie | URL | 2011/01/21/Fri 10:36 [EDIT]
私見ですが・・・
僕は両方正しいと思います
基本。ターンの後半、山回りをしているときは外向が出てきます。
がターンの前半、谷回りをしているときは内向がでます。
それはワールドカップでも今のSAJでも同じです。
ただ今までが外すぎたので内だ内だと言っていた!?言っているように聞こえた!?のではないかな?と思います。
ですから、内だ内だと言い過ぎていたのも良くなかったと思いますし
外向でアンギュレーションばかりを推していくのも違うと思います。
事実、ジュリアン・リゼルー(フランス)なんかは前半かなり内向していると思います。
そんなんで疑問の解決になりますかなー?
常に谷側にある方の足にウエイトが乗っていた方が落下するのが楽ですよ。
アトミック野郎 | URL | 2011/01/21/Fri 11:38 [EDIT]
Re: タイトルなし
> A級ライセンスと自動車免許の違いと同じでは?

車はたぶん動き的には一緒だと思うんですけどどうでしょう?
mtontake | URL | 2011/01/21/Fri 12:12 [EDIT]
Re: 私見ですが・・・
詳しい解説感謝します

> 常に谷側にある方の足にウエイトが乗っていた方が落下するのが楽ですよ。

これが基本ですよね
谷足=外足とは100%言えないところが難しいです
レーサーが内スキーのエッジのとらえを少しでも早したい場面「クニックやリズム変化、コースラインの修正とか」で、内スキーの加重を先行させるために内向気味に入る技術も以前からよくありました
近年ではSLで全セットこの滑りで通す選手が多いですね
体のスイングがはんぱなく凄いです
でもたぶん一般のスキーヤーが真似すれば3旗門でアウトでしょう
板に加重したままで体軸をクロスさせるのは高度なテクニックだと思います
板が短くなり両端が広くなってエッジ全体にプレッシャーをかけにくくなるはずを。板のトーションを強くしてエッジに加重しやすくなった結果このような技術で滑れるようになったんでしょう
これによって上体がより楽な進行方向に正対していくのも理解できるのですが、進行方向より内側に向くのは果たしてどうなんでしょう?
筋力がある人はたぶん先行動作で内側に多少向けた方が良いかもしれないし、逆に筋力が弱い方はスピードを抑えた中でカービングスキーに乗ったなら先行動作で内にわずか向いた方がターンしやすくなると思います
一般的なスキーヤーが目指す基礎スキーとなれば上体の向きは進行方向までが良いような気がします

久しぶりにスキーの技術論を語って楽しいです
機会がありましたら雪の上でセッションしましょう


> ですから、内だ内だと言い過ぎていたのも良くなかったと思いますし
> 外向でアンギュレーションばかりを推していくのも違うと思います。
> 事実、ジュリアン・リゼルー(フランス)なんかは前半かなり内向していると思います。
> そんなんで疑問の解決になりますかなー?
mtontake | URL | 2011/01/21/Fri 13:15 [EDIT]
アトミック野郎さんとまったく同意見です
僕もアトミック野郎さんとまったく同じように思います。

レースも基礎も同じ!

「進行方向よりも内向」というのも、切替直後~ターン前半にかけては、レースでも基礎スキーでもまったく同じだと思いますし、ターン中盤~ターン後半~切替にかけては外向度合いが少しずつ増えていく。これもレースも基礎も同じだと思います。。。

常に谷側(外脚ではない)にある脚の方に重心が乗っている方が落下するのが楽だしより自然だと僕も思っています。

それと、スキーも、他のスポーツ同様に、年々技術が進化してきてますし、今後も進化していくと思います。これは、スキーに限らずどんなスポーツでも同じではないでしょうか。技術がまったく不変ということはありえないと思っています。もちろん昔と変わらない要素もありますし、変わっている要素もあります。「まったく100%何も変わらず昔のまま」という事は無いと思います。だから、「言う事が去年と違うのでは?」ということも当然ありえると思います。僕が感じているのは、SAJは、まったく180度違うことを言っているってことはさすがに無いなぁと。表現や切り口は変わっても、技術の流れというか、つながりはあるように感じています。
デモと言っても神様ではなく、「デモ選で選ばれた人」であり、100%何でも理解しているとは限らないのでは?理解の度合いが大きい人もいればそうでない人もいる。人間ですからね(^-^)g"

スキー談義も楽しいですけど、やっぱり滑るのが一番楽しいですね。
機会があればまたご一緒しましょ♪
たにやん | URL | 2011/01/21/Fri 14:41 [EDIT]
Re: アトミック野郎さんとまったく同意見です
たにやんさんの考えもなんとなく理解できます
技術の進化はどんな物でもあるのが当然ですね
競技はより速くより遠くに進化しているのですが基礎スキーはどこに向かって進化しているのでしょう?
mtontake | URL | 2011/01/22/Sat 09:05 [EDIT]
目的が違うのでは?
レースはハードなバーンを規制してあるところを滑りますし、
ゲレンデスキーは新雪、コブ、悪雪様々なところを滑りますから、
細かな規制もないですし。そこの違いはありますよね。
ふじごん | URL | 2012/03/19/Mon 23:02 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。