スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分にできること
TVを見るたびに起きている事の重大さを感じています
被災した人の数があまりに多く広範囲に広がっているので救助は難航しているようです
いろんな方面から多くの支援が広がりつつある中、自分が今できる事は何?と考えます
実は私も長野県西部地震のときに王滝営林署に勤務していて被災した経験があります
その時多くの支援が集まる中で困った事が起きていました
それは人口1000人ちょっとの村に救援物資が大量に搬送されて置き場も無く、又内容物を仕分けるスペースも人も時間もなく、村の体育館は数日で2階の観覧フロアーを軽く越えるほどに荷物でいっぱいになりました
10日ほどしてようやく荷物の仕分けに手が回るようになると、入っているものの中には生鮮食料品や義援金、に生活道具などあらゆる物が混合して入っていました
それに困ったのは古着です
今回のように水害の場合は着る者も無くいくらでも必要だと思いますが、その時は地震災害だけであまり必要はありませんでした
結局細かく仕分けする時間もなく、中身を確認できないまま一人当たりダンボール10箱とか配送しました
トータルで1人当たり60箱程度あったでしょうか
今回の地震で早く支援をしたいと言う気持ちは皆さんあるとは思いますが、物資を送るのは物資を送る先がしっかり決まって報道されてから、必要な物を送ってあげることが必要です
木曽の救急隊も現地に入ったようです
今自分に何が出来るか改めて考えたいと思います
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。