スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
踊らされていたのか?それとも?
自分の釣りのスタイルは?と尋ねられれば「昨年まではフライフィッシングです」と答えていました
確かに川ではテンカラから変更したフライ暦はもう20年以上になるし、多くのフライマンがはまるようにロッドもいつの間にか20本弱になりました
さすがにバンブー信者にはならなかったものの、所有するバンブーは一応2本で、スコットのGシリーズが自分のキャスティングと相性がよく長さや番手違いなど、今見るとよく集めたもんだと思います
べつにフライフィッシングが面白くないとか思ったことは今もないです
でもですね、フライフィッシングがあまりにも商業的に作られた世界になってきているように思えてしまいます
どこのショップの何々さんがこれがいいといえば信者のようにそれが一番だと思う人もいれば、このメーカーのロッドが一番だという人も、ロッドはバンブーじゃないとだめという人まで千差万別です
趣味の世界なのでよくあることで、それが悪いことだとは思いません
でも釣りって魚をいかにして釣るかという、いちばん重要な課題を後回しにしては釣りの本質的な面白さが薄くなるのではないでしょうか
昨日まで撮影でお供させていただいた石垣教授のテンカラ技術を観察していたらフッと頭に浮かびました
それは教授のラインのターンオーバーがすばらしくきれいで、タイトなループがきれいに解けてポイントに一直線に毛ばりを送り込んでいきます
もちろん教授のシステムはレベルラインです
フライではリーダーと呼ばれる先細りのラインを使ってます
このリーダーのテーパー種類も多くのメーカーから数多く販売されていて、0.1ミリ以下の単位で調整されています
ロングリーダーがいいとか、ドライ用のリーダーとかショップに行けばズラッと並んだリーダーから選ぶのも大変です
教授のキャスチングを見ていたら、はたしてリーダーと呼ばれるラインは必要なのか?ということになりました
べつに4Mほどの3号程度のレベルライン「つまり普通の釣り糸です」の先に0.8号のハリスで十分なのでは思い、早速フライのシステムにテンカラのラインを結んで振ってみました
結果はまったく問題ないです
テンカラのレベルラインで使用しているのは少し硬めにできているので、ライン「フライで言うリーダー」を完全に着水させるとちょっと違和感がありますが、このあたりの渓流で使用するにはまったく問題ありません
テーパーのリーダーを使っても全然問題はないですけど、問題はその値段です
リーダーの市販価格は一本300円程度
これを普通のレベルラインにすると50M1000円のの糸とすれば同じ長さに換算すれば40円程度です
他にもフライ用品を考えるとメーカーが儲けるために、いろんなものを少し変えてはそれっぽく出していろんなラインナップをしています
これってメーカーやショップさんに踊らされてるように思うのは、自分だけかな?

別にフライフィッシングが面白くないって一度も思ったことはないですよ
ただねーいろんなフライマンの話を聞くと、時々「この人どこの宗教?」って思ってしまう人がいるんです
そんな人には是非一度テンカラをやってみることをお勧めします
そうするとまた違った角度から釣りの面白さがわかってくると思いますよ

そういう自分はフライとテンカラの二刀流でフライロッド振りながら背中にテンカラ竿を背負ってる事もあるんですよ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

フライ、てんから
人それぞれだと思いますよ。
趣味ですから
ね、mtontakeさん
ぶっち~ | URL | 2011/08/15/Mon 08:00 [EDIT]
Re: フライ、てんから
所詮趣味ですから好きなようにって事なんでしょうけど、重たいベストを着ると感じてしまうんです
テレも同じく重たいブーツに重たいビンディングで滑っていると、?って思うんです
革靴細板信仰はしませんが、昨年はそっちばっかり使ってました
これも個人の好みの問題ですよね
mtontake | URL | 2011/08/15/Mon 12:14 [EDIT]
道具が進化すれば人は退化する!
「フライフィッシングがあまりにも商業的」確かに感じます。
技術を磨いたり、苦労するからこそ、そこには大きな喜びがあると僕は思います。
自分の為にするソレ、ですから、人はそろそろ進化のスピードを緩めるた方がいいのでは!?
正直、0.1ミリ単位以下で調整されたリーダなんてネイティブには関係ないもん!(笑)
しかし、大王のテンカラは恐るべし!

僕も都市生活で退化する前にまた、開田へお伺いします!
モチヅキ | URL | 2011/08/24/Wed 12:26 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。