スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと一息つきました
台風の影響があると予想した割には開田高原の雨量はたいしたことはなく、週末のお客さんもなんとか無事過ごせて一安心でした
と思ったら台風が通過した日曜日はまとまった雨が降りました
紀伊半島を中心に大きな被害が出ている報道を目にして、改めて大雨の怖さを思い知りました
被害の出ている熊野川「北山川」は何度もカヌーで下っているエリアで、以前スタート地点に向かうタクシーの運転手さんとこんな会話をしたのを思い出しました
私「この辺りっていいとこですねー。海は近いし山はきれいだし、川も最高にきれいで、こんなところに住みたいです」
運転手さん「いいところでしょう、でもね働く場所が少なくて若者が出て行っちゃうのと、雨が怖いんですよ」
確かに山が迫っていて雨量も年間4000ミリと降り始めるとすごいそうです
筏下りで有名な瀞峡にある「瀞ホテル」の人と話をしたら一番増水したときには厨房で長靴を履いて料理したことがあると言ってました
平常水位から厨房まではどうみても30Mくらいあったので、増水したらとんでもないことになる地域だと感じたことがありました
近年の極端な気象は怖くなってしまいます

今朝の開田高原は雨が降ってはいますが、たいした降りではなく秋雨と言った感じです
河川は昨日増水したので魚たちにとっては動きやすいコンディションになりました
禁漁まで1ヶ月を切りました
今月も毎年お越しになるフィッシャーマンの予約が入っています
残り少ない解禁期間にいいサイズに出会えるのもこの季節です
川のコンディションなどの情報は公開していませんのでメールにてお問い合わせください
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。