スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハイエーストランポ「製作編」 やや完成しました
子供2人がモトクロスをやり始めた関係で愛車を110から200系に乗り換えたのは以前BLOGにも載せました
車両はワイドのスーパーロングDXだし、前オーナーは内装屋さんで仕事に使っていたので中身は空っぽでした
でも運が良かったのは内装屋さんが床を貼っていて、無垢の高級フローリングが貼られていました
ついでにシートも200系ではないですが100系のSGLシートがついていて後部座席も快適仕様です
暇を見つけて1ヶ月でなんとか形になりました
ベッドキットの購入も考えたのですが、親切に対応していただいたメーカーさんはスタンドタイプよりも、BOXタイプの方がトランポには使いやすいですよって話していたので、BOXタイプを調べたらもう一台バイクが買えるような値段のものばかりなので、DIYすることに決めました
予算は20000円と超ーーーーーチープ計画
形はどこのトランポも同じようなBOXをサイドに二つ設置して天版を載せるタイプです
ホームセンターに行ったら以前クライミングボードを作った時のような20MM程度の合板が全くなく、目についたのが11.5MMのコンパネ!値段は980円
設計図「広告の裏に適当に書いた図面」だと4枚必要なのでとりあえず強度はなんとかなるだろうと購入

ここで4000円+直線4本をカットしてもらって切り代30円X4で120円
確実に強度不足になるのを見越して角には補強の金具を入れる
一番安いのは5つで120円だったので全部で30こ買って720円
取り付けの木ネジとコースレッドも買ったので400円程度
木工ボンドの300円で購入
この時点で約5600円なので予算内に収まりそうなナイスな買い物です
しかしこの安直な考えが後々響くのです

構造は簡単です
それぞれのパーツに切ったコンパネをボンドを塗ってコースレッドで止めるだけ
箱ができたら角に補強のL金具を固定して、家にあった床用のウレタン塗料を塗って終了
それを床にL金具を使用して固定しました
このL金具は角の補強より強度がいるので1個90円の物を8つ購入して720円
普通ならそれほど強度はいらなそうなところだけど、バイクのスペースを最大で設定したのでBOXの幅が220MMと狭く、椅子として腰掛けると横の力に弱そうなので念の為しっかりと固定してみました
形ができたら板の床は滑るのでフローリングのマットを貼ります
本来ならシートも取り去って全面貼るところですが、すでに床の上にはパンチカーペットがきれいに貼られているのでバイクスペースだけ貼ることにして節約です
確か3000円位だったかな?
ここでトータル約10000円の出費で確実に予算以内は確定!

天版も塗装して早速載せてみたらドンピシャできれいに設置できました
乗ってみたら、、、、、、やばいくらいたわみます
型枠用のコンパネだから大した強度はないと思ってたんですけど、ここまで弱いとは予想外です
すぐに補強策を考えました
方法は
①予算に目をつぶって20MMの化粧ベニアに買い換える
②パイプの補強を4箇所入れる
③角材の補強を入れる
④天版に補強のための角材を付ける
この4つから選んだのは④の方法です
①は今さらきれいに切って塗装までした天板を使わないのはもったいないし②と③は補強のパイプや角材を収納するスペースを新たに作るのは面倒だし、固定の切り込みは椅子に使うので入れたくない、で結果④採用
ただ本来は天板にはウレタンマットをビニールレザーを貼って止めるつもりで、補強を入れると立てて収納するときに確実にBOXの220MMからはみ出るのは目に見えているので、ウレタンクッションを貼ることを断念
家にある銀マットで対応することにした
これでまた予算削減です
補強の角材はホームセンターで一番安そうな2X4の板を特価の180円で売ってたので8本購入して1700円
予算がありそうなので、BOXの天板の蝶番を探していたら車の壁で普通のものは引っかかることが判明して、少し値が張るけど試しにリンクタイプの物480円を2つ購入して1000円
これで総額13000円程度になりました
「まだこのほかバイク固定用のタイダウンをかけるフックとか買いました」
R0010689.jpg
R0010695.jpg
R0010696.jpg


補強板をそれぞれ天板に2列貼って収納のことを考えて少しずらして裏同士ピッタリなるように貼ってみました
そしてのってみる

ガーーーーーーン
まだたわみよる
ましにはなって折れる気配はないけど、うちの馬鹿息子共が暴れたらやばそう
おまけに4月からダイエットして70キロ前半まで落とした体重の自分が一緒に寝るのを考えると、一抹の不安が”

こうなったら下に土台を入れるしかない!
それも調整できるやつで、もちろん予算は少なめに
そんな感じでホームセンターを物色していたらいいのがありました
土台用に調整できる金属製のしっかりしたもので値段は一本380円
買うしかないでしょうと4本買って1600円なり
これで最終的に14600円で終了
R0010697.jpg
R0010698.jpg


出来たのは先日コースに走り行って帰ってきて片付け前の画像をご覧ください
しかしほんまにおっきいです
そのほか細々したのは「その他篇」でどうぞ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © プチビラMTおんたけ高原日記. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。